スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
フランス産バゲット
2012 / 01 / 14 ( Sat )
P1030849_convert_20120114175747.jpg
昨日予告したフランス産バゲット。やはり材料が同じでも焼きあがりが違うのは一目瞭然。上がポーリッシュ法で下が生地玉冷蔵法。上のほうが同じグラム数でも釜伸びして大きく膨らんでいます。その分中の気泡は大きくなりクラストは薄く軽い感じに焼きあがりました。味はほのかに酸味を帯びたやや淡白な味。一方、下のほうはあまり膨らまずクラストは厚めで少し締まったような内層。クラムは弾力があり噛み応えがあります。味は甘みがありバゲット独特の香ばしいうまみと香りがしっかりと感じられました。細かく違いを述べるとこんな感じでしょうかね。

実際に作って食べ比べてみて改めてますますパンの奥深さに悩まされ、そしてその楽しさに引き込まれたのでした。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。